公益社団法人「日本詩吟学院」認可 とかち岳峯会

         メニュー

おしらせ

準師範・師範研修会 8月1日開催

とかちプラザ 大集会室を会場として、相談役の浪内岳誓先生を講師に準師範・師範研修会が開催されました。

新型コロナウイルス感染予防対策の実施

入室前の検温、手指のアルコール消毒、換気、マスクの着用、パーテーション設置、座席の位置を開けて着席するなどの感染予防対策を講じています。

研修内容

吟道奥義抄をひもとく

吟詠の習得 ○不易流行 ①吟法~吟詠上の決まり ②吟調~吟詠の調子

余韻 母音で引く 押さえをしっかり 引き止め 揺り止め 上げ止め 下げ止め

略吟符の共通名称 ○主音ミ ○高音ラが基音 ドシラ ○中音ミが基音 ファミ ○低音シが基音 ドシラ

吟詠時間 二句三息で一分三〇秒を基準とする

吟調 ○アクセント ○抑揚 ○間 ○残心

漢詩の吟じ方 ○間合いの取り方 ○音位の変化 ○余韻の引き方

テキスト

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研修会の様子

後藤岳浥研修部員

川合岳濤会長のあいさつ

会場風景 参加人数四一名

進行の西桜岳研修部長

講師の浪内岳誓先生