公益社団法人「日本詩吟学院」認可 とかち岳峯会

         メニュー

おしらせ

令和3年度 高段伝位資格審査会

令和3年度高段伝位資格審査会が、11月7日 13時より とかちプラザ 304号室に於いておこなわれました。

審査吟題

皆伝(現在八段)

『雑詩』『有馬皇子、自ら傷みて松が枝を結ぶ歌』『行く我に』『七月六日たなばたの心をよみける』

3名受審

九段(現在皆伝)

『登楼』『舊年に春たちける日よめる』『九月尽』『念佛坊』

8名受審

十段(現在九段)

『本能寺』『守覚法親王の五十首歌に』『是がまあ』『かぢ枕』

4名受審

総伝(現在十段)

『戯れに元珍に答う』『子等を思ふ歌一首』『遠山に』『小諸なる古城のほとり』

6名受審

審査の進行

13時開場・受付開始(検温・手指の消毒の実施)

受審者が全員集合を確認後、開会式を実施

橋本審査部長より諸注意事項の説明

川合会長の挨拶・審査事項の説明

審査委員の紹介

審査部担当幹事の紹介

現在八段位から九段位までの審査を行い、その後十段位の審査を実施しました。

審査会場の様子

幹事 矢竹岳江  審査部長 橋本岳詔

会場風景

審査委員 川合岳濤会 小藤田岳吟 宇野岳夕

川合会長のあいさつ

審査風景(総伝受審)