公益社団法人「日本詩吟学院」認可 とかち岳峯会

         メニュー

おしらせ活動状況

準師範・師範研修会「吟道講座」 7月18日開催

とかちプラザ 402号室を会場として、山中岳帥総務部長を講師に準師範・師範研修会「吟道講座」が開催されました。

吟道講座 研修内容 ①新体詩「古城の月」

①日本語のアクセント(高低アクセント)を把握する

②素読のやり方(読み方)(アクセントをしっかりと行い、情感を込めて読む)

③素読をしっかりとできると詩文に符をつけ、余韻をひくことで味わいのある吟となる

④アクセントのところを少し強く発することにより、「吟」の強弱が表現される

⑤言葉は短く、余韻はたっぷりと引く(絶句は1分30秒を基本とする。祖相範木村岳風先生の吟じ方)

⑥「古城の月」の模範吟詠

⑦吟変わりの指導(「レ」「ファ」の使い方)

⑧一節ごとに吟詠の部分指導

⑨全体を通しての吟詠指導

⑩男女に分けての吟詠指導

⑪男女2名づつの吟詠発表(男性 西桜岳さん・佐藤岳滄さん、女性 大島高風さん・窪田朴風さん)

吟道講座 研修内容 ②ハンディトレーナー(コンダクター)の使い方

①5本の指が使えなくても、人差し指だけで使えるようになる

・おぼつかなくても慣れてしまうことが、上手につかえるようになる近道

②邦楽伴奏の役割

・伴奏によって吟詠を側面から助ける役目

・吟者の個性を生かす

・間合いを助ける(間 余韻 リズム)

・音程を安定させる(主音 高音 低音)

③主音の「ミ」 副主音の「ラ」をしっかりと覚える

④吟詠の音階

・陰線律(漢詩 和歌 新体詩)・・・荘厳な印象 厳格 趣きがある

・陽旋律(俳句)・・・陽気な印象 民謡 村祭り

⑤日本語のアクセント

・アクセントは読みそのものに存在する

・日本語のアクセントは、高低アクセント

・主音の「ミ」の場所を理解してキーを押してみる

・頭高型のアクセント

・平板型のアクセント

・中高型のアクセント

⑥ハンディトレーナー(コンダクター)を使い方を練習してみよう

・ハンディトレーナー(コンダクター)を使用した、「吟じ出し」の練習

・「不識庵機山を撃つの図に題す」「九月十日」

・アクセントの位置の確認

・実際に「吟」に合わせて、キーを押してみる

研修の様子及びテキスト

研修会場

進行 西桜岳研修部長

朗詠先導 佐藤岳滄副会長

川合岳濤会長のあいさつ

講師 山中岳帥先生

吟詠指導 新体詩「古城の月」

会場の様子①

会場の様子②

会場の様子③