公益社団法人「日本詩吟学院」認可 とかち岳峯会

         メニュー

おしらせ

準師範模擬審査

令和3年度『準師範模擬審査』が、とかちプラザ 306号室を会場におこなわれました。

指導にあたったのは、川合岳濤会長、渋谷岳堂副会長、橋本岳詔審査部長の3人の審査員です。

橋本審査部長から模擬審査会にあたっての諸注意があり、川合会長から準師範審査に向けての激励の挨拶がありました。

模擬試験会場

とかちプラザ 306号室

準師範模擬試験次第

橋本岳詔審査部長の説明

審査員の三人の先生

川合岳濤会長からの激励

 

審査

①筆記試験 『月夜三叉江泛舟』 『初冬作』

筆記試験

筆記試験

筆記試験

筆記試験

 

②審査員による記述のチェック

 

 

 

 

 

誤字がないか。文字の大きさやバランスがとれているのか。譜や余韻が正確に記入されているのかなど、採点がおこなわれました。

③口頭試問

 

 

 

 

 

①作者の略歴   ②詩の通釈   ③素読   ④吟詠   ⑤設問事項 の順番でおこなわれました。

④講評

川合岳濤会長から本番の審査に向けての課題や感想 激励の講評がありました。

準師範模擬試験をうけた皆さん おつかれさまでした。審査当日に向けて体調を整え頑張ってください。

新型コロナウイルス感染予防対策の実施

会場の窓のあけて換気  マスクの着用  ソーシャルデイスタンス