公益社団法人「日本詩吟学院」認可 とかち岳峯会

         メニュー

おしらせ

道場訪問 笙吟会 (帯広東部)

部会長

安井真岳

担当師範

橋本岳詔 (宗佑 正師範)

創立年月日

平成10年6月1日

研修会場

帯広市民文化ホール  3階  第3練習室

研修日

毎週水曜日 13時30分~

会員の構成

女性:11名   正師範:1名  師範:2名  準師範:3名

年齢構成

80代:4名  70代:1名  60代:4名  50代:1名  40代:1名

当日の参加会員

橋本岳詔 高井恵岳 黒田華岳 安井真岳 鶴野鶴風 加藤美泉 林洋泉 準会員:酒井華山

とかち岳峯会 理事:審査部長の橋本岳詔先生が指導されている部会です

会の信条

『吟道の探求、心身を培う』

道場訪問の目的

今回の道場訪問は

①道場の様子に触れること

②指導方法や内容に触れ、とかち岳峯会全体のレベルアップに寄与すること

③とかち岳峯会の会員にいろいろな道場・お稽古の様子をしってもらうこと

などを目的としています。

訪問日と研修会場

4月7日  水曜日

帯広市民文化ホール 3階 第3練習室

お稽古の様子

①4月4日に行われた『春季資格審査会』の審査吟題の復習のお稽古

それぞれの『吟』の説明、一節ずつ合吟のあと独吟をおこないました。独吟のあとは、ひとりひとり橋本先生から講評があり、また橋本先生のお手本の吟詠指導がありました。コンダクターを使用しています。

②準師範位・師範位受審者の課題吟のお稽古

課題吟の吟詠指導を中心に受審者にみっちりとお稽古を行っています。素読・吟詠・通釈・設問事項と受審される方は真剣な眼差しです。

③高段伝位審査吟題のお稽古

秋に行われる審査会の準備を始めています。十段受審・九段受審を目指す方がいます。漢詩・和歌・俳句・近体詩と幅広いお稽古が必要です。

新型コロナウイルス感染予防対策の実施

新型コロナウイルス感染予防のため、全員マスク着用でお稽古をしています。

ソーシャルデイスタンスもとられています。

お稽古風景

会場風景①

会場風景②

橋本岳詔先生

コンダクター使用の先生

笙吟会の皆さん